和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

日帰り網膜・硝子体手術

加齢黄斑変性症(AMD; age-related macular degeneration)とは

※AMD:age-related macular degeneration

黄斑は物を見るときのちょうど中心部のあたる、見え方に非常に重要な部分です。

加齢に伴い視力にとって重要な黄斑部に老化性の変性が生じるため 視野の中心部に変視症(見え方のゆがみなど)や中心暗点(中心部が暗く見える)、視力低下などの症状がでます。下部にある脈絡膜から新生血管ができて、新生血管からの出血や漏出が生じるのが原因です。滲出型と萎縮型があります。

アメリカでは中途失明原因のトップで、社会の高齢化と生活の欧米化により日本でも増加しています。

日帰り硝子体注射治療(抗VEGF)

加齢黄斑変性症(AMD; age-related macular degeneration)に対して、抗VEGF抗体による硝子体注射治療をおこなっています。
抗VEGF抗体とは抗血管内皮増殖因子で加齢性黄斑症の原因の一つである脈絡膜の新生血管に対して選択的に阻害して、有効に働きます。計画的投与により 視力の改善および維持が期待できます。

硝子体注射は所要時間は約2〜3分で済み、注射自体はすぐに終わります。健康保険対応ですが近年出てきた治療薬のため、負担額が大きくなる場合もあり高額療養費制度が適応になる場合があります。1割負担で約18000円程度です。

高額療養費制度は医療機関や薬局の窓口で支払った金額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。事前に申請した「認定証」などを提示すれば、支払額が「自己負担限度額」までとなり、高額な医療費を一次的に立て替える必要がなくなります。まずはお気軽に当院までご相談ください。

適応:中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性