和田眼科

兵庫県西宮市の和田眼科では白内障手術に力を入れております。今津医療センター2階の眼科。西宮今津駅前すぐ。

  • 〒663-8245西宮市津門呉羽町1-28今津医療センター2階
  • TEL:0798-39-3777

眼疾患

小児眼科

お子様の斜視・弱視・眼鏡について

こどもは生まれてすぐはものがよく見えません。最初は暗いか明るいがわかるくらいで、徐々に形や色がわかるようになってきます。ものをしっかりと中心で見ることにより徐々に視機能が発達して、視力や両眼でものをみる両眼視機能が発達します。

3歳くらいまでに急速に視力は発達し、6歳くらいにはおとなと同じくらいの視力を持つようになります。視力検査はだいたい3歳から4歳くらいから可能です。

斜視は左右の目の視線が一致しない状態です。弱視とは視力発達に障害があり眼鏡をかけても視力が出ないことです。

お子様が小さい場合できる検査に限りがありますが、視力検査・屈折検査(遠視・近視・乱視)・眼位検査・眼球運動検査・両眼視機能検査・斜視角検査・眼底検査などの検査をし目の異常を調べます。

診察や検査を行って、眼の病気による視力低下でないかをまず調べます。

屈折異常に対しては適切な眼鏡を眼科医により処方します。弱視にはアイパッチによる片眼遮蔽や治療用眼鏡の装用、手術などがあります。

当院では視能訓練士と相談しながら明るくフレンドリーな検査を心がけております。

はじめは怖がったり、集中ができずに視力検査が難しいお子様も回数と練習を重ねることによって徐々に検査ができるようになることも多いです。

小児の斜視・弱視は、早期発見・早期治療開始が大切です。

当院ではこどもの近視や遠視・乱視などの屈折異常、斜視・弱視に対応できるよう視能訓練士(ORT)が在籍しております。

3歳児健診や学校健診だけに頼らずに、ご家庭でもすこしでも目で気になることがあったら、早めの眼科専門医の受診をお勧めします。

斜視・弱視だけでなく近視や遠視、乱視、不同視などに対しても 視力や進行の程度をみて眼鏡のタイミングを考え、お子様にあった度数の眼鏡処方をすることが重要です。

小児のメガネに関する相談や、眼鏡処方(処方箋発行)を当院にて行なっております。隣接でのコンタクトレンズガーデンにて眼鏡に詳しい相談員が在住し、眼鏡相談も常時行なってますのでお気軽にご相談下さい。